癌に効く食べ物

癌に効く食べ物 その9 青魚

癌に効く食べ物 その9 青魚

魚

 

何年か前に頭を良くする成分として一躍有名になったDHA。
その時飛ぶように売れたのがDHAを豊富に含む青魚ですが、青魚に含まれる栄養成分は何もDHAだけに限りません。

 

青魚にはDHA以外にもEPAという成分が含まれていて、このEPAは二つの点から癌に効果があるとされています。

 

魚が持つEPAは癌に効果バツグン!

EPAが持つ癌への効果は主に以下の二つです

 

  • EPA自体が大腸がんや乳がんといった癌を抑制する
  • 筋肉をはじめとして体の組織を強靭に作る

 

1つ目は見たままです。
2つ目について、「癌と体の組織にどういう関係が?」と思われた方がいるかもしれませんが、実はこれが大アリです。

 

というのも、癌になると基本的に食が細くなるので体重が減って免疫力も落ちてしまいます。

 

そこで、EPAを摂取すると体の組織(筋肉)が維持されやすいので免疫力の低下も防がれて、結果的にそれが癌対策になるというわけです。

 

 

癌になるとどうしてもお肉(動物性タンパク質)を控えなければならないので、食卓が地味になりがちです。

 

そんな時、青魚は食事に彩を与える食材として欠かせない存在ですね。

 

ちなみに、青魚の食べ方としては、出来ることなら頭から尻尾まで丸々全て頂くのがベストです。

 

癌に効く魚なら小魚がおすすめ

昔から日本では、家畜ではなく、海産物である豊富な魚介類を摂っていました。

 

ですから「肉食がダメなら、魚を副食のメインにすればいいのでは?」と考える方もいらっしゃるでしょう。

 

確かに魚にはコレステロールを溶かし、中性脂肪を低下させるエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などの有用成分が含まれています。

 

そこから、最近は癌対策だけでなく健康志向という意味でも大いに推奨されています。

 

しかし、現状では少々心配な面もあります。なぜなら日本人の体から水俣病の原因となったメチル水銀や、発ガン物質のダイオキシンなどが検出されているからです。

 

1999年、当時の厚生省の発表によると、ダイオキシンの含有量は魚の種類によって大きな違いがあることがわかりました。

 

魚に含まれるダイオキシンの含有量

 

  • サンマ・・・1
  • カレイ・・・1
  • サケ・・・2〜5
  • ブリ・・・2〜5
  • マグロ・・・23

 

これはつまり、大きな魚ほど、化学物質が蓄積しているという「食物連鎖」の問題を如実にあらわしています。

 

海中のプランクトンは小魚に、その小魚は中魚に、さらに中魚はマグロのような大きな魚に食べられ、その大きな魚も人間に食べられてしまいます。

 

プランクトンに含まれていた微量の化学物質は、食物連鎖の階段を昇りながら確実にその濃度を高めていき、最終的に高濃度となって人間の口に入ります。

 

 

最近、マグロのトロのおいしさに気づき始めた外国がマグロを買い占めたり、マグロの漁獲禁止を唱える諸外国があらわれたり、何かと日本のマグロ漁業に対する風当たりはきつくなっています。

 

食卓にマグロが並べられないのはさみしいかもしれませんが、公害物質や発ガン物質を大量に体に送り込むような大魚を、わざわざ食べる必要があるでしょうか。

 

このような理由から、魚は大魚ではなく小魚、それに準ずる貝類や原始的生物を摂るようにおすすめしています。

 

具体的には貝類、イワシやコウナゴなどの雑魚類、小型のイカ、エビ、タコ、シジミやアサリなどの貝類、それにホヤやナマヨなどです。

 

特にイカやタコに含まれるタウリンという成分は、すぐれた強肝作用をあらわしているので、その意味でもおススメですよ。。


このエントリーをはてなブックマークに追加 

癌に効く食べ物.com

関連ページ

胃ガンに良い食事とは?
胃ガンになると食事指導が入って食事療法をしたり、お酒を控えたりで大変ですよね。また、胃を全摘出した場合や術後の献立はどうすればいいかなど、分からないことは多々あります。そこで、このページでは胃がんに効く食品をご紹介します。
トマト
日本人死因率1位を記録している癌。そんな私たちを悩ませている癌ですが、普段から癌に効果的な食べ物を意識的に食べることで発生のリスクや体増殖をかなり抑えることができるのは意外と知られていません。ここではそんな癌に効く食べ物で有名なトマトについてご紹介したいと思います。
レバー
癌に対抗するには免疫力の向上が欠かせませんが、同時に精力もしっかりつけることが大事です。ここではそんな精力増進に寄与するレバーについてご紹介します。
唐辛子
癌に効く食べ物は色々ありますが、癌をやっつけるイメージでは唐辛子の右に出るものはいないでしょう。あの辛さと強烈な赤色は誰もが「癌細胞も撃退してしまうのでは?」と一度や二度は思ったことがあるでしょう。ここではそんな唐辛子が癌にどのように効果的なのかを解説します。
枝豆
癌になるとそれまでの食事を改めなければならなくなるので食生活も摂生をしなければいけなくなります。しかし、毎晩の晩酌が楽しみだった人が急にそそれを止めるのも難しい話。そこで役立つのが枝豆です。
白菜
癌に効く食べ物をとにかく沢山摂りたい!そんな人も中にはいると思います。そこで、ここでは冬のお鍋を中心に大活躍する白菜について見てみます。
ほうれん草
小さな頃見たポパイ。そんなポパイが元気いっぱいになる食べ物がご存じほうれん草です。ここではポパイにちなんでほうれん草の知られざるパワーに迫ってみます。
紫イペ・タヒボ茶
当サイトでは癌に効く食べ物を中心にご紹介していますが、普段口にしないものにもそういった食べ物は沢山あります。そこで、ここでは普段は目にすることがまず無い紫イペ・タヒボ茶について紹介します。
緑茶
毎日口にするもので癌を予防・克服できればなぁ・・・というのは妙齢になった人なら誰しも一度や二度は考えたことがあるハズ。ここではそんな毎日口にするものの中から緑茶をご紹介します。
らっきょう
普段口にするものの中には「それが癌に効くの?」というものも実は多く隠されています。ここではそんな地味ながら癌に効果的な食べ物の中でも意外と知られていないらっきょうについてご紹介します。
大豆
第11回目となる今回は、癌を初めとした病気対策の中でも特に有名な大豆について取り上げます。癖がなく幅広い料理に使える大豆。そんな大豆の魅力に迫りたいと思います。
キャベツ
日本人に古くから馴染み深い野菜としてお馴染みのキャベツ。いつも口にしているだけあってその栄養効果といえば食物繊維くらいしか思い浮かばないかもしれませんが、実はキャベツには驚くべき癌への対抗力が含まれていました。ここではそんなキャベツについて触れてみます。
キノコ類
長寿にまつわる食品は洋の東西を問わず数多く存在しますが、その中でもひときわ異彩を放つのが何を隠そう、ご存じキノコ類です。キノコはいつの時代、場所においても健康増進の要として人々から重宝されてきた歴史があります。ここではそんなキノコ類が癌に果たす効果を解説していきます。
海藻
ある程度の年齢になってくると気になるのが髪の悩みです。加齢と共に毛髪量が減っていくのは仕方ないのかもしれませんが、ちょっとナーバスな気分になりますよね。そんな時おススメされる海藻ですが、じつはこれには癌にも効果があることを皆さんはご存じでしょうか?
癌に効く食べ物 その16 玄米
私たち日本人が毎日のように口にしている主食、それがお米です。食べる量が多い割に。お米について私たちは普段どれだけ意識しているかといえばあまり自信は持てませんよね。ここでは白米よりも栄養豊富な玄米について解説します。
にんにく
癌になると最も大きな変化として生気が失われていきます。これは精神的な意味でも体力的な意味でもそうなってしまうのは仕方なく、それにどう抗うかが癌対策の一つの重要な点であることは間違いありません。ここではそんな生気をモリモリと増やしてくれるにんにくについてまとめてみました。