癌と免疫力

どれだけ知ってますか?癌を語る上で絶対に外せない「免疫力」

癌と免疫力

免疫力

 

癌対策を考える際、絶対に外せないものが一つだけあります。

 

それが免疫力です。

 

免疫力について知らなければ、がんは治すどころか予防すらままなりません。
ここでは「がん」と「免疫力」の関係について説明します。

 

がんの発生する仕組み

 

そもそも、がんは体内で細胞に突然変異が起き、がん細胞が発生することから始まります。
がんが検査で発見できるようになる大きさは1pからで、そこまでの大きさになるには10から15年はかかります。

 

ばい菌

ところが、そこから急速に大きくなって数年で命に関わる大きさまで成長します。

 

いわゆる病気としてのがんです。多くの人はここで初めて自分の中にあるがんの存在に気付きます。

 

 

がん予防には日々の食生活、生活習慣の改善が重要なのは言うまでもありません。

 

よく指摘されるのは、生活習慣です。食生活の欧米化(高カロリー・高脂肪食)や運動不足、肥満、睡眠不足、日常生活におけるストレスなどがこれにあたります。

 

そしてもうひとつは細胞そのものを直接傷付けてしまう発がん性物質です。具体的には農薬や煙草といった有害な化学物質、自然界の放射線や紫外線、細菌やウィルスなどです。

 

しかし、ここ数十年の研究から生活習慣と発がん性物質はがんの根本原因ではないことが明らかになりつつあります。

 

がんの本当の原因

実は、健康な人でも毎日5000個以上のがん細胞が体の中で生まれています。

 

しかし、それが腫瘍(がん)にまで成長しないのは私たちの体の中にある免疫細胞が日夜がん細胞を退治してくれているからです。

 

がん細胞をやっつける免疫

免疫細胞とは具体的には、血白血球やリンパ球などのことを指します。

 

白血球やリンパ球の中でも特にがん細胞を攻撃する免疫細胞はキラーT細胞、NK細胞と呼ばれています。

 

免疫細胞は全身に2兆個ありますが、その中でもがんを退治できるのはキラーT細胞やNK細胞などごく一部だけです。

風邪ウイルスや細菌を退治する免疫細胞と、がん細胞を退治する免疫細胞では担当が異なるわけです。

 

そのため加齢をはじめとした様々な理由で免疫力が低下すると、がん細胞の成長を許してしまい、腫瘍(病気としてのがん)を発症してしまう、というわけです。

 

 

がん細胞が体内で発生する理由は、確かに生活習慣の乱れや発がん性物質などによるところが多々あります。

 

しかし、それが腫瘍まで成長して「がん」という大問題に発展してしまうのは、他でもない免疫力の低下が原因です。

 

余談:がんは火事と似ている

 

がんと免疫力の関係は火事に例えると分かりやすいかもしれません。

 

人間、生活している限り、火を使うことは避けられません。
ですが、きちんと消火器が手の届く範囲にあって冷静に消防車を呼べる判断力があれば大火事に発展する可能性はグッと抑えられますよね。

消火器

 

がんもこれと同じで、生活が多少乱れたり体に悪いものを食べても、それに対処する免疫力がきちんと備わっていれば滅多なことでは「がん」になりません。

 

火事の原因になる火種を減らす努力も大事ですが、それと同じくらい、ボヤ騒ぎが起きてしまったときすぐ対処できる消火器も準備すべき、といった具合ですね。

 

 

免疫に注目してがん死亡率を下げた国

日本ではがんの患者・死亡率が一位になって久しく、減少はおろか年々増加傾向にあることは有名です。

 

ところが、そんな日本とは打って変わってがんの死亡率を年々低下させていった国があります。
それがアメリカです。

 

がんを克服したアメリカ

アメリカがん協会(注:リンク先英語)の報告によると、アメリカではがん患者が90年を境に減少を始め、95年までは毎年平均0.7%ずつ低下し、死亡率に至っては2.6%低下したとあります。

 

この理由には諸説ありますが、専門家は「東洋医学などを導入して免疫力を高めた結果ではないか」と推測しています。

 

それを裏付けるように、米国の医科大学では実に全体の6割以上が代替療法のカリキュラムを導入していて、免疫力ががんに対抗する上で非常に重要な存在であることが伺えます。

 

これからのがん対策のカギは免疫

免疫力

 

日本のこれまでの医療現場では、人間の生命活動を根底で支える免疫機能を軽視し、症状ばかりに注目してそこへの対処療法ばかり注力してきた過去があります。

 

特に、がんは治療は対症療法の極みと言っていいほどこの傾向が顕著です。

 

手術療法・化学療法(抗ガン剤)・放射線療法はどれも体内の免疫力を損なってしまう療法で、悩ましい対症療法でした。

 

しかし、がん治療における免疫力の重要性が認識されるにつれ、この状況も少しづつ変化してきています。

 

 

『がんと戦うには免疫力がとても大事』

 

今後は患者の間でもこの認識がより一層、広く普及していくのではないかと言われています。



このエントリーをはてなブックマークに追加 

癌に効く食べ物.com

関連ページ

がんとガンと癌の違い
書籍やインターネットを見ると「がん」「ガン」「癌」など、媒体によって表記がバラバラなことってありますよね。一体全体、「がん」と「癌」と「ガン」は何がどう違って使い分けられているのでしょうか?解説したいと思います。
癌は遺伝する?
癌は遺伝する?これは癌患者を家族に持つ方にとっては切っても切れない疑問です。祖父が癌でなくなり、父親も癌で亡くなった私も一時は「次は自分の番ではないのか」と気が気でないほどでした。果たして癌と遺伝には関係性があるのか?お伝えします。
癌と生活習慣病
予防できる病気とも言われている癌は、その名の通り、普段からどれだけ意識して予防を心がけているかが大きなウェイトを占めます。今現在癌の可能性に不安を抱いている方は出来ることからコツコツ始めて生活習慣の改善に努めてみつと良いやもしれません。
がん治療はお金がかかる!
人ががんになったとき、まず最初に気になるのは「自分の命はどうなるのか?」という点です。では、次に気になることといえば、多くの人がお金の問題を挙げます。ここでは知ってるようで意外と知らないがん治療にかかるお金の問題について解説します。
癌と全力で向き合ってますか?
今更言うまでもありませんが、癌は死に繋がる病気です。そのため多くの人がこれの治療に全力で取り組んでいるわけですが、それでも悲しい結末を迎える人は少なくありません。しかし、だからといって癌はアッサリ諦めればいいものでもない、というのが私の持論です。ここでは癌と全力で向き合うことの意味について書きました。