がん治療にはお金がかかる!

【お金】がん治療はとにかくお金がかかる!その金額は・・・!

がん治療にはお金がかかる!

お金

癌と効いて一番に気になるのは治るor治らないか、という点です。

 

そして次に気になるのが、自分や家族の将来、そしてがんの治療に関するお金の問題ではないでしょうか?

 

がんになると一体いくらお金が必要なのでしょうか。
これについて結論から先に書くとがんの治療には年間で平均100万円ほど掛かると言われています。

 

でも、どうしてこんなにお金が掛かるのでしょうか?

 

日本には、国内に住んでいる限り健康保険・国民健康保険などの保険に加入する義務があります。
この制度のおかげで風邪やケガなどで病院に掛かっても個人の医療費負担額は3割で済んでいます。

 

がん治療は保険が適用されないわけではありません。ですが、がん治療はそれでも年間100万円ものお金が掛かる厳しい現実があります。

 

なぜ癌治療にはそこまでお金が掛かるのか? ここではそれについて説明します。

 

癌は部位によってかかるお金が変わる

がんは治療する体の部位によって治療費や入院費などの自己負担額が変わるちょっと厄介な病気です。

 

下記は部位によって変わる入院費や治療費の一覧をまとめた表になります。

 

がんの治療費

 

例えば、乳がんの場合平均的な自己負担額は84万と他のがんと比べ安いのですが、反対に大腸がんは160万と2倍近くの差があります。

 

なぜ、こんなにも差があるのか。それは、以下の二つから来ています。

 

  • 保険適用外の治療法
  • がんのステージの違いによる医療費の差

 

民間のがん保険や医療保険に加入していれば、確かに保険金が払われるので負担も多少和らぎます。しかし、それもあくまで限度があり、保険適用外の診療があれば治療費はどうしても負担となってきます。

 

また、ステージ4の人の場合、治療費はステージ1の人と比べ2倍にも3倍にもなってしまうので、結果的に医療費の実質負担額が膨れ上がってしまいます。

 

保険があれば多少の足しにはなりますが、保険で全てが賄えるわけではないことを肝に銘じておく必要があるでしょう。

 

 

保険適用外の治療

上に書いたようにがんには保険適用治療保険適用外治療の2種類があります。
保険適用の場合は3割の負担額で済みますが、保険適用外は治療費は全額患者負担となります。

 

何が保険適用できて何ができないのかは以下の通りです。

 

保険適用されるものとされないもの

 

がん治療のようなお金がかかるものには高額医療制度があります。これは、同一月内にかかった医療費が後から払い戻される制度です。

 

しかし、高額医療費制度で払い戻されるのは残念ながら上の図の左列、保険適用のものだけです。右列は払い戻しされません。

 

そのため先進医療(保険適用外)を受けると全て自己負担になってしまい、後で大変なことになる可能性を考慮しなければなりません。

 

治療費以外にもお金はかかる

がん治療では、家族に掛かるお金や抗がん剤治療で抜けてしまった髪を隠すためのカツラなど、治療費とは別に掛かる費用も存在します。

 

知らなかったでは済まされない場合もあるので頭の片隅に入れておきたいですね。

 

 

治療方針がガラリと変わるかも

がんと言えば、手術や抗がん剤治療が一般的です。しかし、がんのステージが患者の体質などにより最初に提案された治療法がベストな方法とは限りません。

 

医師もその時のがんの進み具合や患者の体調に合わせて治療法を変更することがあります。

 

医者と相談

 

その結果、勧められた治療法によっては保険適用外のものが出てきてくることもあります。そうなったときに経済的な理由で満足な治療を受けられない・・・なんてことにならないようにお金を貯めておきたいですね。

 

実際、私の知ってる人の中にも経済的な事情で100%満足のいく治療は受けられなかった人もいます。

 

がん治療はお金がかかることを念頭に

 

がん治療にはお金が掛かります。

 

高額医療費制度とがん保険があるからといって、それを過信しすぎると後で痛い目を見るので注意が必要です。

 

保険適用外の治療や、ステージ度合いによっての治療費の金額の差、長期に渡る通院などで思いもよらない出費がかさみます。

 

働き盛りの世代だと住宅ローンの返済があるかもしれませんし、子どもの進学費もしっかり蓄えておきたいところです。

 

そこにがんの治療費が加われば、今まで貯めた預金を崩し、生活に困るなんて家庭も出てきます。

 

実際、4月12日に放送されたクローズアップ現代では銀行カードローン(借金)利用者の12%はトラブル対応費 事故入院費のためにカードローンを利用しているという結果が出ています。

 

銀行カードローンの利用目的

 

参考:クローズアップ現代『若者もシニアも破産急増!?銀行カードローン』

 

 

家族の金銭的な負担を少しでも減らすために、生命保険や国民健康保険などについて事前に確認して、保険適用外の治療は受けるか受けないかなど、病気になる前にきちんと話し合っておきたいですね。

 

 

事故や病気はいつやってくるか分かりません。

 

お金がなくて手遅れになる前に事前に、きちんと健康なうちに対策を練っておきたいですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加 

癌に効く食べ物.com

関連ページ

がんとガンと癌の違い
書籍やインターネットを見ると「がん」「ガン」「癌」など、媒体によって表記がバラバラなことってありますよね。一体全体、「がん」と「癌」と「ガン」は何がどう違って使い分けられているのでしょうか?解説したいと思います。
癌は遺伝する?
癌は遺伝する?これは癌患者を家族に持つ方にとっては切っても切れない疑問です。祖父が癌でなくなり、父親も癌で亡くなった私も一時は「次は自分の番ではないのか」と気が気でないほどでした。果たして癌と遺伝には関係性があるのか?お伝えします。
癌と生活習慣病
予防できる病気とも言われている癌は、その名の通り、普段からどれだけ意識して予防を心がけているかが大きなウェイトを占めます。今現在癌の可能性に不安を抱いている方は出来ることからコツコツ始めて生活習慣の改善に努めてみつと良いやもしれません。
癌と免疫力の話
日本人の多くがなる「がん」は多くの人が対策と治療を行っていますが、どうして人ががんになるのか?がんを未然に防ぐにはどうすればいいかといった点については対処療法的な目でしか見られないことが少なくありません。そこで、ここでは癌の本当の根本原因でもある免疫力について解説します。
癌と全力で向き合ってますか?
今更言うまでもありませんが、癌は死に繋がる病気です。そのため多くの人がこれの治療に全力で取り組んでいるわけですが、それでも悲しい結末を迎える人は少なくありません。しかし、だからといって癌はアッサリ諦めればいいものでもない、というのが私の持論です。ここでは癌と全力で向き合うことの意味について書きました。